カウンセラーからのメッセージ・活動実績

横浜 ママカウンセリング

メッセージ

2019年、神奈川県の自宅にて、オンライン専門のカウンセリングルームをオープンしました。
カウンセリングのキャリアを、再出発しようとしたきっかけは、娘との出会いでした。

2011年11月、第1子である娘が妊娠7ヵ月で産まれました。緊急のお産でした。
産まれてきたのは体重1300グラム、片手にのるくらいの小さな小さな赤ちゃんでした。

「大きくなるのが、ゆっくりだなぁ。」と思っていた矢先、
「歌舞伎メーキャップ症候群」という珍しい遺伝子疾患の診断がおりました。
娘が2歳3ヵ月の時でした。

「歌舞伎メーキャップ症候群」に現れる特徴としては、人それぞれですが
一般的に共通する特徴としては身体的にも知的にも成長はゆっくり。

娘はとても繊細で人懐こい性格です。
今は9歳になり、地域の方々に見守られながら、
元気に公立小学校の個別支援級に通っています。

診断がおりた時、子育てに対する漠然とした不安や悩みの答えが出たようで、
安心した事を覚えています。

でもそれは同時に、新たな苦悩の日々の始まりでした。

自分の為に積み重ねてきたキャリアや経験は、
子育てにはさほど役に立たず、歯が立たず、若いころ描いていた人生設計には大きな軌道修正が必要でした。

娘が3歳になるころまでが1番しんどかったと思います。

これまでの人生で、最も難しい事を、教科書を1冊も持たずただただ試行錯誤する毎日でした。
うまくいかない現実や、容赦なく迫られる決断、将来への不安。

誰かに寄りかかると、そのまま起き上がれなくなってしまうのではないか。
当時の私はそんな事を思って、素直な気持ちを誰にも話せませんでした。

娘の笑顔をみると、この子の存在を自分は悲しんでいるのだろうか・・と、
悲しむことすら不謹慎のように感じてしまったのです。

嵐がすぎた今は、「どうしてもっと周りに頼らなかったんだろう。」と、思います。
重たい荷物を持ってくれようとした人は、たくさんいらした気がします。

発達の早い、遅いにかかわらず、
定型発達と言われているお子さんをお持ちのお母さんにも悩みや葛藤はあります。

周囲の理解が得られない、自分に還る時間がない。
一人で子育てをしている・・お母さんって結構大変です。

そんなお母さんに、たった一人になって欲しくなくて、
このカウンセリングルームを開設しました。

コンセプトにて錨(いかり・アンカー)のお話をしました。

→アンカー(錨)についてはこちらからどうぞ

発達がゆっくりなお子様は、錨が充分に重くなるのにも時間がかかる気がします。

お母さんが元気でいないと笑顔で子どもに向き合えない。
私自身も実感しています。

毎日、同じような日常に見えて本当にいろいろな事件が起こります。
笑顔でいられないときもありますよね。

いつ終わるかともわからない、長い、長い、子育て期間。
エネルギーが途切れる事のないよう、
笑顔で子どもの成長を楽しめたら良いですね

人は話す事で、多くのストレスを発散させることができるそうです。
そして、子育てをきっかけに今一度、自分自身ともしっかり向き合ってみませんか?

子どもを愛しているからこそ悩みます。不安だからこそ叱ってしまいます。
たくさん、話して、たくさん泣いて、がんばりを認めて、そして笑って。

「あー。やっぱり我が子は可愛い。」と思えるようになれたらいいですよね。
お気軽に、たくさんお話して頂きたいと思っています。

また元気な笑顔で、
子どもさんを「お帰りなさい。」とお迎えに行きましょう。

お話してみたくなった方はこちら。

スケジュールカレンダーを見に行く

※現在ママ業を優先しながらサービスを提供しているため、平日のみ受付をしております。 そのほかお急ぎでお話をされたい方は、[お問い合わせ]よりご連絡ください。

活動実績(プロフィール)

味元 泉 (Mimoto Izumi)

人材派遣会社(2社通算)に10年間勤務(採用教育部・人事労務部・経営企画部)
新規ビジネス担当として飲食店立ち上げや子会社設立、海外ビジネスの立ち上げ期に携わる。
子会社の監査役を兼任、財務の基本とマネジメントを学ぶ。
ビジネスのキャリアを積む一方で、社員面談の機会が多く、より人の本心、本質や核心、問題解決の手法を捉える力をつけるために、各種カウンセラー資格を取得。NLPや催眠療法を学び、社内外においてカウンセリングを行い、又セミナーを開催する(チームビルディング、コミュニケーション)


独立を視野に入れ、起業家育成・人材育成コンサルティング会社に転職。
企業向け研修補佐、出版補佐、起業家によるプレゼンテーション大会事務局などを担当。
2011年長女を緊急帝王切開での出産、2015年長男出産。長女が2歳の時に難病指定の遺伝子疾患があることがわかり、子育てに専念する時期を過ごす。
長女が小学校に慣れた頃、同じように悩むお母さんの力になりたいと思いカウンセラーとしてキャリアを再開。企業からの委託で2年間、カウンセリングとセラピーが内在した「自己肯定感」を高める事に特化した講座を担当する。2021.7月~ ヒプノセラピーの上位資格を新たに取得し、自ら運営する「Anchor Counseling room」にてカウンセリング+ヒプノセラピー=ヒプノカウンセリングサービスを提供中。カウンセリング期間通算6年、クライアント人数約1000人(講座受講生含む)、カウンセリング時間約1600時間(2020年現在)




 

資格、トレーナー

・日本産業カウンセラー協会 産業カウンセラー 資格取得
・全米NLP協会認定 NLPマスタープラクティショナー 資格取得
・ 全米NLP協会認定 NLPトレーナー 資格取得
・ヒューマン・グロウス・センター 催眠療法定期講座修了
・VOICE トーマス・コンドン ミルトンエリクソン催眠 プロフェッショナルトレーニング 修了
・ABH米国催眠療法協会 ABHマスターヒプノティスト 資格取得

活動実績

◆対個人向け カウンセリング(2007年~

2007年から会社員をやりながら累計1000名程の方へカウンセリング、セラピーを行って参りました。

セッション内容はクライアント様の個性や特性、今現在の体調などお話を伺いながら決めさせて頂きます。
技法は、NLPカウンセリング、コーチング、年齢退行(インナーチャイルドの癒し)・前世療法、スキーマ療法などを組み合わせながら行います。

◆各種講座、セミナー講師 (2007年~・2018年~)

企業の依頼を受け、セラピーやカウンセリング、コーチング技法を内包したコミュニケーション講座を請け負いました。(NLPカウンセリング、コーチングコミュニケーション、パートナーシップ向上など。)今現在は、個人のカウンセリング・セラピーに特化しております。